行政書士試験短期合格!

行政書士試験を短期合格する秘訣

行政書士,短期合格,試験

2ヶ月間で行政書士試験に合格するためには、試験科目を一通り学習するといった姿勢ではまず不可能です。行政書士の合格ラインは6割ですから、どうやったら6割の正解を得られるかといった点を重点的に考えて試験勉強をしていく必要があります。

一番のお勧めは、過去問です。行政書士試験においては、過去問は非常に重要です。出題比率こそ変われど、出題されるポイントはほぼ変更がないからです。短期合格を本気で目指すのであれば、過去問を重点的に攻めましょう。

 

また、別角度で見た場合、行政書士試験に短期で合格するためには、徹底的に攻める部分と、ズバッと思い切りよく切り捨てる部分が必要です。あれもこれもと欲張っては絶対に短期で合格することなどできません。

 

時間の管理も非常に大切です。インプット重点に充てる期間と、アウトプット重点に充てる期間をきっちりと区切り、メリハリをつけた学習を心がけてください。


当サイトでは短期合格を"2か月での合格"と位置付けて話していますが、短期の尺度も人それぞれです。もし、一年程度ということであれば、通信教育や通学講座の受講もお勧めです。 一番最悪な選択は、独学にこだわって2年、3年と費やし、それでも合格できない場合です。そもそも、独学で合格できるほど行政書士試験は簡単ではありません。適切な教材選びをする選択眼と、ポイントを押さえた学習の進め方、そして何より参考書からのインプットと過去問をこなすアウトプットを延々とし続ける根気強さがそろってないと、独学では合格は難しいでしょう。

ヒューマンアカデミー

【おすすめ】通信講座・通学・月一通学から選べます。
1678901" target="_blank">
不動産担保ローン バイク買取